FC2ブログ
ウォシュレットトイレや、浴室などの水周り環境の衛生陶器事業が有名なTOTOですが、今期連結決算は、純利益が前年より83%増加となりました。

リフォームを中心に国内住設事業の需要が増えたこと、中国事業において内陸部に対する事業が増加したことで売上が増加し、円安による為替差益の影響もあり、経常利益が260億円となったそうです。

生活空間、また店舗でもトイレの役割は重要ですね。
浴室やトイレと一言でいっても、機能が異なるタイプがTOTOからも多く発売されています。
現状にとどまらず新しい商品の開発、販売も随時されていますから、リフォームや新築を考えるときにも、トイレ・浴室は心地よさ、衛生面、掃除のしやすさ、デザインなどから、ご自宅や店舗、それぞれの物件に合うものを時間をかけて考える部分です。


現状、国内需要では新築を建てることもですが、2世帯で介護を検討するような場合やアパート・マンションの改修工事が増えているようです。
マンションに置いては、中古マンションに対する「安物」というイメージは薄くなりつつありますし、中古といえど総リフォーム済みの「デザイナーズマンション」は最新の住宅設備に対し、お値段もお値打ちなものもあり、需要が増えている部分ですね。


その中で、TOTOの売上増収と聞くと、リフォーム・新築に対する国内需要の改善が垣間見えるようです。


愛知県日進市のリフォームのことなら、ホワイトライフ

↓ブログランキング参加中★よろしければ、ポチをお願いします


スポンサーサイト



テーマ:リフォーム
ジャンル:ライフ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック